自己採集から80ミリup、能勢YG、久留米で85ミリupを出したい!
◎ TOPフリーエリア

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bラインは早期羽化個体です。

10月に、マンティス&ガーバーのju_tsuさんより3令幼虫を譲って頂き11月26日に羽化しました。


2014年種親 Bライン♀50mm

この♀の種親は、2011年ギネス87.1mm同腹の♂82.5mmと、Gull様2011年7番86.1mm同腹の♀51.0mmです󾌰󾌰

最強と言っても良い血統なので、本当に楽しみです(^O^)

ju_tsuさん、こんなに楽しみな個体を譲って頂き本当にありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト
1月4日に、くわがた村本店初売りセールで武夷山sp系幼虫をゲットしてしまったので、2014年もブリードしてみようと思います。

今年の種親に使う個体は、武夷山ホペイ史上最高といわれた個体のインライン直仔ペアです!!(sp系100%)

武夷山パーフェクトsp(今年の種親の親)


武夷山ホペイsp直系 ♂77mm

♀は、同腹で45mmがいます。

このペアは2011年11月に最後のインラインペアとして購入し、2012年羽化しました。

去年ブリードしとけば良かった(^_^;)

6頭くらい幼虫とって、神長キノコ園さんのS4で育てたいと思います。

♀は早期羽化を狙って、今年超かっこよく羽化する予定(笑)の武夷山ホペイ♂とかけます。

もちろん、狙うはギネス更新
先週ペアリングした、パプキンの産卵セットを組みました。



左から、ブルー、ダークパープル、パープルです(^-^)

使用したマットは、パプキンには相性抜群のMAXマットスーパー微粒子タイプ

目標の各セット10頭は、採れるでしょう(笑)
2014年ブリード開始です。

最初は、パプアキンイロクワガタ!

昨年入手した個体の幼虫は、280ccのプリンカップにマットのみ、しかも交換なしで羽化してしまいました(笑)

その影響か、アルファック産とは思えない大きさに(ノД`)

パプキンは、色を楽しむのでサイズはいいんですけどね(笑)

大きいほうがかっこいいので、今年はパプキンも菌糸使います!

さて、種親です。

♂オレンジ ♀パープル

♂モスグリーンブルー ♀ブルー

2パぷ1
20度前後で管理している幼虫は、暴れもいなくて安定しています。

34gも2頭いるので期待大です(^_^)

種親紹介です。

この個体は、shima1007さんから譲って頂きました。



ほんとは、細長くて良い感じです。

サイズは↓


なかなかでかいです

855同腹なので、良い系統です!
昨日、くわがた村本店の新春セールに行きました!

12時の開店でしたが皆さんとても早く、整理券はもらえずΣ(TωT)

入店は13番目でしたが、狙っていた2品を買うことができました。

まずは2年連続の↓

2014年に、採れるワイルドオオクワガタの引換券です

2013年のチケットは、上阿古谷産のスーパー個体と交換しました。

近いうちにブログで紹介します!

そして、2つ目は↓

くわがた村本店オリジナルの福建省武夷山産HOPEI幼虫ペア

この幼虫は、別ラインの武夷山♂と、親にパーフェクトと言われた武夷山S.Pもつ♀から生まれた、
期待の大型美形血統です。

現在、武夷山S.Pとその同腹♀からの100%S.P系の成虫ペアがいます。

このに系統でHOPEIギネスを狙いますよ!


くわがた村本店の特徴は、阿古谷、久留米、能勢などの有名産地に加え、
長崎、広島、島根、岡山、徳島、奈良、神奈川など他ではめったに見られない超貴重な産地の幼虫が並んでいます。
産地にこだわるオオクワファンの方には、オススメのお店です

次回は武夷山HOPEIギネスプロジェクト能勢YG種親紹介です。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!!

ブログリンクさせていただいている方、いつも読み逃げですみませんm(__)m
今年こそ、コメントできるよう頑張ります!
今年もよろしくお願いします。

2013年は、オオクワガタの久留米産と山梨産を中心にブリードし
久留米では♂34g平均32g、山梨産では♂25gをクリアできました(^o^)


2014年は、能勢YGと阿古谷産を中心に3ライン+αのブリード予定です。

さらに大きな個体を羽化させるために、平均値を重視していきたいと思っています。
平均値といっても、♂の平均値(g、mm)と♀の平均値(g、mm)がありますが、それとは別に
総合平均値(同腹個体全体の平均値)を使います。
 
  総合平均値=(♂の平均値+♀の平均値)÷2
例)2013年度の久留米産の3本目への交換体重
  総合平均値=(32.4+13.3)÷2
       =22.85g

この総合平均値が高ければ、「♂も♀も大きいライン」という事になります。
同じように、羽化後の総合平均値(㎜)を出すこともできまする

  羽化後の総合平均値(㎜)=(♂のサイズ平均+♀ののサイズ平均)÷2
例)2013年度の久留米産の平均値が♂82ミリ、♀50ミリとしたとき
  羽化後の総合平均値(㎜)=(82+50)÷2
             =66mm


今のところこんなことを考えていますが、中学生の考えなのであてにしないでください(笑)
感想や、ちがう考えがある方は、是非コメントしてくださいm(__)m
よろしくお願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。